アイランドマップと天候による影響

南風の(ハバガト)季節風際にはヒルトゥガン島,ナルスアン島は遮る島がなく,島に接近が困難になります。パンダノン島は母島の北部に広がるサンドバーで強風を遮りますので南風でも接岸が可能です。

海の状況による当社の判断:(セブ島では雨天による欠航は予定されていません。亜熱帯地域の天候は突然変化いたします。朝雨でも快晴に又その逆もあります。)

ヒルトゥガン島とナルスアン島最も人気のあるシュノーケルのポイントですが,荒天時の対応についてご説明いたします。(雨天は含まれません)
南風の季節風に弱いヒルトゥガン島とナルスアン島,北風の季節風に弱いティンゴ(オランゴ島北側)やパンダノン島

写真はオランゴ島上空より撮影されました。上部左がナルスアン島,右がヒルトゥガン島,手前にカオハガン島が見えます。オランゴ島リーフの高い部分が島と区別して呼ばれています,写真は潮が80mの時に撮影されました。引き潮では徒歩で行き来できます。写真上部が南となります。南の季節風によりヒルトゥガン島,ナルスアン島は風が波を起こし海が荒れ接近が難しく,海は透明度が落ちます。ヒルトゥガン島は落ち込みの境目に固定されたアンカーロープに定着できなくなります。ナルスアン島は桟橋に接近できなくなります。

当社の悪天候に関するマニュアル:
1)台風,低気圧の発生による欠航,決行は船長の判断により,当日早朝決定ツアー予定者に連絡をする。台風,低気圧が明らかに接近する予測の場合は前日ツアー予定者に連絡をする。
2)季節風により海が荒れる日は船長の判断により,当日航行の出来る島を決定,お迎えしたツアー予定者をグループ毎に説明,コースの変更,キャンセル,翌日後に延期などを話し合う。ハイシーズンには後日の予約状況を確認の上,日時を選んで頂く。この際に発生する経費は当社が負担する。余儀なく変更されたツアーは予約頂いたツアーより,値段が安い場合は安い値段でお支払い頂く。ヒルトゥガン島+ナルスアン島のツアーの予定者がパンダノン島に変更された場合は元の予約の値段を採用する。